育毛剤脱毛について

エフペシア(F-Pecia)1mgは、フィナステリドを有効成分とする、飲むタイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬として有名な「プロペシア」のジェネリック薬です。有効成分であるフィナステリドには男性ホルモンの働きを抑える作用があり、元々、前立腺肥大症の治療薬として開発されましたが、脱毛症への効果が認められたためにAGA治療薬として注目されるようになりました。

AGAの原因の一つとして、男性ホルモン、特にDHT(ジヒドロテストステロン)が関係していると言われておりフィナステリドはこのDHTの産生を抑えることで脱毛(抜け毛)を抑制します。また、フィナステリドは、FDA(米国食品医薬品局)により男性型脱毛症の治療薬として認可されており、世界60か国以上で承認されています。

この価格差の理由はフィンペシアの製品改良に関連しているのですが、両製品の内容がまったく同じになったことの影響なのでエフペシアの買い得現象は今だけの可能性が高いのです。

薄毛になりますと、実年齢より老いて見える可能性が高くなりますので、迅速に治療を行うことが重要となっています。
薄毛の治療をする際においては、エフペシアなどのAGA治療薬を利用するのが一般的です。
エフペシアはプロペシアのジェネリック医薬品であり、有効成分としてフィナステリドが1mg配合されています。
フィナステリドは、頭皮付近に存在して毛母細胞の増殖を抑制する男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの働きを阻害する作用があります。

これにより、脱毛を防ぎ、発毛を促進します。効果が現れるのは3ヶ月から6ヶ月後とされているため、最低でも3ヶ月間は使用を続ける事が必要です。