育毛剤の主な成分

育毛剤には様々な成分が配合されていますが、どんな育毛剤でも主に配合している成分というものがあります。育毛剤の中心となる成分で、主に頭皮の血行を促進する成分、毛母細胞や毛根細胞に直接育毛効果を働きかける成分、頭皮環境を整える成分、頭皮を保湿する成分に分類されています。

・血行促進作用成分
血行促進タイプの育毛剤で使われている主な成分は、ミノキシジル、塩化カルプロニウム、センブリエキス、ニンジンエキ、セファランチン、ビタミンEがあります。これらの成分によって頭皮の血行が促進され、毛根の働きが活性化され、この結果、毛母細胞の働きがよくなり育毛を促進していきます。頭皮の血行促進は育毛剤にとって必要不可欠な成分です。

・毛母細胞を活性化させる
毛母細胞を活性化させるタイプの育毛剤で使われている主な成分はチクセツニンジン、ビチオン(ビタミンH)、ペンタデカン酸グリセリドがあります。これらの成分によって頭皮の血行を促進し、毛母細胞を活性化する働きがあります。育毛にも効果を発揮します。

・頭皮環境に栄養を与える
頭皮環境に栄養を与えるタイプの育毛剤で使われている代表的な成分は亜鉛です。亜鉛は身体の成長に重要な役割を持つミネラルの1つで、細胞の増殖に深く関わっています。そのため、毛母細胞の活性化にも重要な栄養素です。

・頭皮を保湿する
保湿剤は、頭皮に潤いを与えて、保湿する働きを持っています。頭皮がやわらかくなると、きれいな髪が生えて、育毛しやすくなります。保湿剤の主な成分はキトフィルマー、アロエ抽出液、アルテア抽出液、イチョウエキス、オトギリソウエキス、海藻エキスなどがあります。

・頭皮環境を整える
スウェルチアマリン、キサントン、ゲンチオビクロシドなど、センブリエキスには抗炎症作用や抗酸化作用を持つ成分が多く含まれています。毛髪の成長に悪影響を与える頭皮の炎症を防ぐとともに、老化を促進する活性酵素の働きを抑えることで、すこやかな髪を保ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です