エフペシアの効果について

エフペシアはフィンペシアと同じくインドのシプラ社から発売されたプロペシアのジェネリック医薬品として人気があります。そして最近ではエフペシアが人気トップとなっているのです。そんな裏にはどんなことがあるのでしょう。エフペシアについてまとめてみました。

そして1年続けると髪が増えたという実感を持てた人が58%、2年目で68%、3年目で78%とだんだん多くなり本当に高い効果を感じざるを得ません。3年目は78%が改善を感じ、98%が現状維持という結果が出ています。現状維持といっても、どんどん減っていく薄毛が現状していること自体すごいことなのではないでしょうか。

男性型脱毛症のジェネリック薬はいくつか発売されていますが、エフペシアは特に人気はトップクラスの商品です。そこには副作用に対しての対応など、いろいろな面での商品開発が見られます。さてエフペシアの特徴と合わせて副作用などもまとめてみましょう。

エフペシアの開発会社はインドで第2位の大手製薬会社であるシプラ社という製薬会社です。こちらは飲む育毛剤のジェネリック開発では一番と言われています。売上げは2006年で600億ということですから、相当大手の製薬会社ということができます。

また男性型脱毛症のジェネリックだけでなく、HIVの抗エイズ薬や心臓疾患、呼吸器系治療薬など世界中に輸出している、世界でも指折りの製薬会社と言われています。アフリカなどの発展途上国は高価な薬を使うことは出来ない状態です。このような国々ではジェネリック医薬品が、多くの医師たちからも支持されているのです。もちろんフィナステリドで、大きな健康被害を起こしたという報告はされていません。