エフペシアの主成分について

エフペシア(F-Pecia)1mgは、フィナステリドを有効成分とする、飲むタイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬として有名な「プロペシア」のジェネリック薬です。
有効成分であるフィナステリドには男性ホルモンの働きを抑える作用があり、元々、前立腺肥大症の治療薬として開発されましたが、脱毛症への効果が認められたためにAGA治療薬として注目されるようになりました。
AGAの原因の一つとして、男性ホルモン、特にDHT(ジヒドロテストステロン)が関係していると言われておりフィナステリドはこのDHTの産生を抑えることで脱毛(抜け毛)を抑制します。
また、フィナステリドは、FDA(米国食品医薬品局)により男性型脱毛症の治療薬として認可されており、世界60か国以上で承認されています。
前立腺肥大症の治療薬として利用されている「フィナステリド」という成分に、男性型脱毛症を改善する効果があることがわかりました。
その成分を含むAGA治療薬として世界中で大ヒットしたプロペシアですが、そのジェネリック医薬品として注目を集めていたのがエフペシアです。
ジェネリック医薬品なので、エフペシアの主成分となっているのはもちろんフィナステリド。
つまり、確かな効果が臨床データからも証明されているプロペシアと同じ効果を得ることができるのです。エフペシアが世界中の抜け毛に悩む人に積極的に選ばれていたのはプロペシアと同じ効果があるからだけではありません。
ジェネリック医薬品ということもあり、プロペシアよりもずっと安い価格で手に入れることができるのも普及していた大きな理由です。