エフペシアとフィンペシアの違い

薄毛治療の最初の一歩として、まず思いつくのが育毛剤ですよね。インドのシプラ社が供給するジェネリックのフィナステリド医薬品には「エフペシア」と「フィンペシア」の二種類があります。似たような名前で、効果も同じようなことが書いてありますよね。では、エフペシアとフィンペシアの違いはなんですか?どちらがもっといいですか。「どちらを選べば良いの?」と疑問に感じる方が多いようです。ここで、二つの比較結果を紹介します。

エフペシアはプロペシアのジェネリック、フィンペシアと同じインド第二位の製薬メーカージプラ社から発売されているAGA治療薬です。インドで作られているというと、最初は不安を感じてしまいますが、適正な衛生管理の元に治療薬が作られていますので、安心して服用することができます。

プロペシア、フィンペシア、エフペシア共に有効成分をフィナステリドとするフィナステリド製剤であることに変わりはありません。

副作用には人によっては性欲減退の副作用を起こす、女性は手で触れてはならないなどといった使用上の注意点も同じです。

値段については、個人輸入をするか個人輸入代行を利用するのか、またどの輸入代行会社を経由するかで変わりますが、同じルートをたどれば、両者は同じ値段になることが多いです。

フィンペシアとエフペシアの最も大きな違いは、コーティング剤の違いです。フィンペシアにはキノリンイエローが使われていますが、エフペシアには使われていません。

結論として、フィンペシアとエフペシアはどちらもプロペシアのジェネリック製品で、インドのシプラ社で製造されています。有効成分フィナステリドを含んでおり、どちらもAGAにたいして高い育毛効果が期待できます。大体同じです。