エフペシアの成分・効果|副作用は発症するのか?

エフペシア(F-Pecia)は、男性型脱毛症(AGA)治療薬として有名な「プロペシア」のジェネリック薬で錠剤対タイプの飲み薬です。フィンペシアの錠剤のコーティング剤に使っているキノリンイエローが、発がん物質であると言われるようになったからです。そういう意味ではエフペシアの方はキノリンイエローを使っていないので、人気が移行したのです。

エフペシアの有効成分であるフィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬として開発されましたが、服用者の体毛が濃くなるなどの作用が多数報告されたことから研究・臨床が進んだことで、のちに男性型脱毛症(AGA)への効果が確認され、新たなAGA治療薬として話題になりました。

エフペシア効果について
AGAの原因の一つに男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が関係していると言われ、フィナステリドはこのDHTを作り出す働きを抑える効果が認められ、FDA(米国食品医薬品局)により男性型脱毛症の治療薬として認可されています。
現在も世界60か国以上で承認されている医薬品成分でもあることからもAGA改善への有効性が大いに期待できると言えます。
エフペシアの効果は3カ月から6カ月の間に何かしらの変化が感じられる人が多いようです。そして1年続けると髪が増えたという実感を持てた人が58%、2年目で68%、3年目で78%とだんだん多くなり本当に高い効果を感じざるを得ません。3年目は78%が改善を感じ、98%が現状維持という結果が出ています。現状維持といっても、どんどん減っていく薄毛が現状していること自体すごいことなのではないでしょうか。

エフペシア副作用について
エフペシアも薬である以上、副作用を避ける事はできません。しかしながらその副作用率は全体の2%~5%程度と言われ比較的軽微な副作用のように感じますが、エフペシアを服用する上で、その副作用のリスクを理解しておくことはとても大切なことです。
エフペシアに含まれるフィナステリドの副作用は他の医薬品と比較しても副作用のの確率は全体の2%~5%程度と言われ人により程度は様々ですが、とても軽微なようです。
中には副作用に気づかない人もいるそうです。
・初期脱毛
一番多い副作用としての初期脱毛は、服用1ヶ月位から始まることが多いようです。しかしこの作用はより強い毛根への生え変わりの一時的な脱毛でありその後より強く太い毛が生えてくるための脱毛。なので初期脱毛が起きた時点で服用を中止する方もいるようですが、少なくても3ヶ月から6ヶ月以上の服用が必要と言われています。
・男性機能の低下(性欲の減退)
エフペシアの副作用は、やはり男性ホルモンを5αリダクターゼが分解し、抜け毛の原因のジヒドロテストテロンの成長を抑えるというところに関係してくるようです。どうしても男性ホルモンに働きかけるので、性的な機能に影響が出る可能性があると言われています。プロペシアの代表的な副作用といえば性欲の減退、精子の減少、精子の異常形態、肝機能障害などが挙げられます。
男性機能の低下に関して、継続服用により性的機能の低下が報告されてはいますが、有効成分の薬効からはその根拠が乏しい点もあり、意識レベル的なところも多いとも言われています。また、症状が出た場合でも服用を中止することにより、次第に元に戻っていくようです。
・体毛が濃くなる
体毛が濃くなることについては、実際服用により体毛が濃くなり頭髪が生えてくることと、AGAを治療しないこと、どちらを選ぶかはその人次第といったところでしょう。当然人により程度は違うものの、多くの人はAGA克服の道を選んでいるようです。
・まれに、だるさ、食欲不振、吐き気、発熱など肝機能障害の疑いが見られることもある
稀に起こるだるさを始めとした肝機能に関係のありそうな症状が出た時は、必ず医師の診断を受けるようにしてください。
実際はAGA治療薬を服用する前にきちんと専門医の診断を受けられることを強くおすすめいたします。

>>人氣NO.1勃起不全精力剤-シアリスはどんな物でしょうか?男性の性的能力障害に効果期待でき、性生活が改善できます。シアリスの購入はコチラ!

>>バイアクラは男性の勃起障害を改善する薬です。バイアクラ個人輸入サイトはバイアクラのネットショップです。安全です。